10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

北京旅行記 その5 (観光初日:地下鉄とモンゴル的火鍋)

2011/11/30
(つづき)
ワンフーチンを抜け、夜の天安門まで歩く。辺りは真っ暗になっていた。
綺麗にライトアップされた故宮の入り口(?)は、暗すぎて色も分からず
ただ毛さんだけが白く、鮮やかに浮かび上がっていた。
かかとが凍るように寒かったので、さっさと写真を撮って駅へ避難した。初地下鉄にのる。

形式的とはいえ、手荷物検査があるあたりセキュリティはかなり厳重である。
13も路線があって、地下鉄の車内もホームもすごくきれい。
路線間の乗り換えが妙に長かったり(これは日本でもそうですが)、
明らかにショートカットできるところで迂回させたりするのは日本人的感覚からするとめんどくさかったですけど
そういうところで人が押し合いへしあいすることを回避してるんだと思います。
いやーでもほんと、近代的でしたね。オリンピック前の地下鉄は二路線だったらしいので、
オリンピックがあってから北京の街はガラッと変わったんでしょうねぇ。

ホテルに戻り、少し休んでから有名らしい火鍋のお店へ向かう。
タクシーのおっちゃんに聞くと、ここをまがってこうだ、というかんじで
ガイドブックの地図とは結構離れた場所で降ろされた。車は入ってはいけないらしい。
迷いながらたどりついたのは、えらくローカルな場所にあるお店。
ガイドブックのものと店名は同じなので、とりあえず入ってみることに。

一人100元超というお高いめのお鍋。北京东来顺というお店だったと思う。あるいはちがうかもしれない。
とりあえず鍋の構造が特徴的で、鍋の真中を炭を入れた鉄壺のようなものが貫いており(これが熱源である)、
そのためにしゃぶしゃぶできるスペースが細めのドーナツ状になっている。
ので肉が鉄壺に当たりやすく、また当たるとひっつく・・・。
ドーナツスペースにはおだしにはナツメやらしょうがやら、漢方的なものがぷかぷか浮いており、
2種類のラム、お野菜、凍り豆腐や謎の麺、エビなどを加熱し、これをごまだれで食べる。


この鍋、漢方が苦手な私にはかなり厳しい食べ物で、ごまだれにまで漢方の風味が・・・
羊も結構獣っぽくて殆ど食べられなかったので(笑)、笠井さんにたべてもらうことに。
笠井さんは何でもおいしく食べる素晴らしい人です。
コース料理を頼んだので、このほかに羊の串焼きとデザートとパンのようなものがでてきたんですが
特に串焼きがおいしかった。鍋の肉とはちがって臭みもないし・・・。
店内はすごく雰囲気も活気もあって、アラビア文字の毛筆書道の壁掛けなんかもあり、素敵でした。

帰り道、点心の屋台で八角風味のにくまんをかう。八角ですら得意ではないなんです・・・なんというお子様。
宿に戻って、小さなキンカンのような味のするミカンを食べた。結構たべてる。

こうして長い長い観光初日が終わった。相変わらずホテルのシャワーが湯量もあって最高に気持ちいい。
スーパー8ホテルというところです。HISで予約したら一部屋2000円強でした。お安い・・・。
スポンサーサイト
10:11 北京旅行記 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。