04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

しぇらとん宿泊記録と匂艶 THE NIGHT CLUB

2011/11/21
ホテルで逢ってホテルで別れる(唄:島津ゆたか)

といったことは断じてありませんが、ホテルステイ記録です。

金曜夜からシェラトン都ホテル東京に行ってまいりました。
先にチェックインをして、グッドスリーパーで北京のガイドブックを読む。角部屋の広い空間に一人とゆう贅沢。
お風呂もピッカピカでむっちゃスタイリッシュな空間。すごいっす。

相方と合流後、ロビー&ラウンジバンブーで夕食。
まずは生ハム等三種盛り。1000円。取り分け後。

image(3)_20111121104806.jpeg

あわびのソテー的なもの。1600円。

image(4)_20111121104918.jpeg

カンパチのソテイと、、ずわいがにとエビの生春巻き。
いずれもたしか1500円程度だったような。よく覚えてない。

image(5)_20111121104945.jpeg

これにビール2杯、モスコミュール1杯、ポテト、えらい豪華なオムライス(サラダ付)を頼んで
ひとり6000円強。
おいしいものを食べるというよりは、雰囲気を楽しむ空間でしたが
お酒と、ものすごいついでに頼んだポテトはやたらおいしかったです。
あとは付け合わせの野菜のグリルとか・・・。オムライスもおいしかったかな。

むちゃくちゃ贅沢に空間を使ってある広いソファに座って豪華な日本庭園を眺めながら、
心地よい水の音とジャズの生演奏を聞いてひとり6000円はね。はっきりと破格です。
しかもジャズの生演奏は「星に願いを」とか「LOVE」とか「Moon River」とか
素敵な曲ばっかり演奏してくれるんですよ。どんな嫌なオッサンといてもいいムードになってしまうような。
演奏している人たちの息もピッタリで、すごく楽しそうに演奏しているのでこっちまで楽しくなりました。
生演奏が目の前の席だったので帰り際に会釈をすると、会釈を返してくれるなど。
すごくいい時間を過ごせました。

シャワーを浴びてのどが渇いたので、ルームサービスでジントニックとモスコミュール(再)。
ルームサービスって便利なのですね。
111119_0005~01

そして翌朝。
シェラトンの朝食は可もなく不可もなくでしたが
ANAインタコのクラブフロアの朝食が神がかってたからなあ・・。
ルームサービスと朝食、リッチなお部屋代を含めて2人23500円は安いっすー。
ホテルのシャトルバスで目黒駅まで行って、
ユニクロでウルトラライトダウンを2000円引で購入。紫が超かわゆいです。

***
昨日は松井師匠に引率いただき、ラボカフェ仲間と中目黒のクラブへ。この週末の目黒率の高さはリア充の証。
印象的だったのは、ものすごい楽しそうに踊るゆきさんと、師匠のモテ男っぷりと、
ソフトバンクが得点したときの下川氏の喜び様。
しかしあの井端の狙い撃ちはすごかった・・・ソフトバンクの投手の肘は大丈夫だったんだろうか・・・
スポンサーサイト
11:33 国内旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)

秋の気配

2011/09/28
最近ぐっと寒くなりましたね。もうすっかり秋ですね。
秋が来るだけで、なんとなく甘くせつなく、とても幸せな気分になるのって、不思議ですね。
ああ、寒くなって空気が変わったなって、ただそれだけなんですけど。
今日は寒いので、冬服をたくさん買ったあと、帰ってお鍋にしよーっと。

***
秋といえばキノコですが、
私が最近気になっているのはたもぎ茸であります。
tamogi01.jpg

はじめてみたときは、あまりにきれいなレモン色にギョっとしましたが
味がいいだけでなく、かなり優秀な健康食品だそうです。テンプラにして食べるとおいしいとか。

***
今日は寒くも暑くもなく、スカっと晴れていてほんとにいい天気ですねえ。
ぷらっと一人旅にでたくなりますね。キノコ狩りもいいなあ。
13:06 国内旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)

河口湖旅行記(2011.07.09~10) その1

2011/07/21
だいぶ前の話になりますが、
7/9から一泊二日の日程で、かさいさんと河口湖に行ってきました。
河口湖といえば富士山、山梨県といえばさくらんぼ ということで
富士山を見、さくらんぼを狩ることがこの旅の目的でありました。

***
一日目。
10:10、新宿を出発。河口湖までは、京王電鉄バスで往復3060円です。安。

バスからの景色を見ていて感じたことは、一つ一つの山が異様に大きいということでした。
それもそのはず山梨県は
「南に富士山、西に赤石山脈(南アルプス)、北に八ヶ岳、東に奥秩父山地など、
海抜2000mを超す山々に囲まれ」ているそうです(wikipedia:山梨県)。
山の多さでは和歌山も負けてないように感じたのですが、山梨は
可住地面積ランキング41位の和歌山のさらに上をいく45位だとか。ワーオ。

***
河口湖についたのは12時過ぎでした。

DSC04717_convert_20110721182247.jpg

レトロでかわいらしい駅舎。

駅の住所ってあんまり知らなかったりするものですが、河口湖駅は
山梨県南都留郡富士河口湖町船津3631-2
にあるのだそうです。
このみなみつるぐんには、山梨県の人口の約5.6%の人が住んでるそうです。
分立したり合併したり、沿革が異様に長いですね。

一日目の昼食は、駅前のほうとう不動で。
山梨名物であるほうとう(1050円)と、なぜか馬刺し(1050円)をいただきました。
馬刺しを食べるつもりは全くなかったのですが、
ほうとうと麦とろご飯と同じ値段だったので、つい・・・。

DSC04564_convert_20110721182439.jpg

マイ・ファースト・馬刺し。
馬のお肉ってやわらかくて、クセがないのにうまみはあってほんとにおいしかった。
普段はこの上なく簡素なお弁当を持参するかさいさんですが
さすが九州の女だけあって、馬刺しは食べつけていました。

DSC04570_convert_20110721182343.jpg

メインのほうとう。ちなみにこれめちゃめちゃ大きいです。
おつゆ自体は薄味なのですが、かぼちゃの甘みとお野菜のうまみと
やさしさにあふれていました。
ほうとうの麺は、おうどんというよりは歯切れのいいおもち風。

「最近胃が小さくなったみたいで、昨日もあんまり食べられなかったし…」とのたもうていたかさいさんは、
ほうとうと格闘する私をよそに、いつのまにか完食していました。
19:26 国内旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)

週末は河口湖にいってきまうす

2011/07/04
なんと、久々の旅行です。初山梨。
久々にかさいさんと一緒にいってまいります。
日光以来の二人旅、ものすごい楽しみです。バスの中で騒ぎ過ぎないようにしよう。
さくらんぼをたべて、富士山を見ることがメインの旅行です。

ローに行ってからは将棋から遠ざかっているようですが、
声が良く通って愛嬌があって、笑顔輝くかさいさんは非常にテレビ向きであります。
いつもかさいさんは「福山さん(司会のフリーアナウンサー)ほんとにかわいい」とかいってるけれど
私は笠井さんのほうが可愛いと思います。性格を良く知ってるからよけいにかわいくみえるのかも。
かわいいは善です。

というわけでかさいさんが出演する「囲碁・将棋フォーカス」は
NHK教育で、日曜11時45分から放送されています。
隔週ですので、次回の出演は今月17日になります。
と勝手に宣伝してしまいました。
18:27 国内旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)

憧れの北新地へ

2010/12/24
ご無沙汰をしております。もえ@実家です。

今日は外大時代のお友達まりあんぬさんと梅田八番街の「ニユートーキヨー庄屋」で夕飯をご一緒した後
「大阪最大級の高級飲食店街」である北新地へ行きました。マイ・ファースト・北新地。

とはいえ八番街の「ニユートーキヨー庄屋」もとってもおいしかったのですよ。
お刺身も新鮮でおいしいし、高菜チャーハンとあさりのやきうどんなどは秀逸でした。
てゆうか今度の同窓会ここがいいです←

そして北新地。一軒目はバー・キャプテン・カンガルー
こちらはハッピーアワー(20時まで)でカクテル一杯400円、ノーチャージであります。
私はチャイナブルーをいただきました。
まりあんぬさんが作ってもらった「ダージリンクーラー」も飲ませてもらったのですが
すごくのみやすくて、しかもむっちゃおいしかったです。
フランボワーズリキュール+紅茶リキュール(ティフィン)って素晴らしい発想ですよね。
おいしいお酒を飲みながら、ディスカバリーチャンネルをガン見したり
南米を愛する店員のおにいさんとたくさんお話しておりました。

お酒はもういいですーていうとじゃあお冷お持ちしますね!といってくれたり
400円で30分以上居座った我々を「またきてくださいね!」と笑顔で送り出してくれるなど
店員さんがとーてもやさしいのですね。
ハッピーアワーだとワンドリンク+お店の名物ハンバーガーで1000円だそうですよ。

二軒目はカラーズさん。
なぜか道端で酒盛りをしていた店員さんに声をかけられ
ヒヨって「お金あんまりないので・・」と言いますと
「ドリンク一杯におつまみで1000円でいいですよ」とのこと。なんと・・・!
しかも店内にない「甘いお酒」を要求する我々に、他の店からお酒を持ってきてもらいました。
そしてやってきたゆずサワーは、クリスマス仕様で七色に光っています。
101223_2117~02

神々しい。思わず我々は吾郎さん(シェフ)を交えて「宗教の輝き」に乾杯しました。

この後
おいしい日本酒(亀齢)×2
イベリコ豚の生ハム
ピクルス
さつまいもキッシュ
さざえのエスカルゴ風
オリーブペースト付き野菜スティック
デザートのティラミス
ロゼのスパークリング×2
をいただきました。
美酒、美食、美男と三拍子そろったお店であります。お酒が進まないはずがありませんね。

さざえはメニューをみて追加注文した品であるにもかかわらず
お会計は最初の約束どおり、一人1000円でした。店員さんたちは心までイケメンだったわけですね。
1400円でこんなに素敵な夜がすごせるなんて。神様がくれた、一足早いクリスマスプレゼントでしょうか。
合コンの約束までしちゃったもんね。

北新地の懐の深さに感激した一夜でした。
02:08 国内旅行 | コメント(1) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。